泥濘と薔薇

北東北、海辺のベランダで育つバラの記録です。

追いつかないバラの記録

f:id:rancraw:20210606164339j:image

大好きなデルバールのHT、ヴィウーローズ。この写真はわりと色が見たままに出ている気がする。

大好きなN.シャマラン監督の「ヴィジット」をもう何回目か分からないくらい見返していて、最高の週末だった。監督の作品は小さい頃からサインが1番好きだったが、今はヴィジットの方が好きかもしれない。もちろんシックス・センスも好きだし、酷評されていたハプニングやヴィレッジも大好き。ゴールデンラズベリー賞レディ・イン・ザ・ウォーターは見る機会がなかった。たぶん好きだと思う。

私はかなり監督や脚本家で見る映画を選ぶタイプで、バラについても、育種家さんやブランドで選びがちだ。

 

f:id:rancraw:20210606210025j:image

f:id:rancraw:20210606194416j:image

デルバールのラ・パリジェンヌ、クロードモネはもうすぐ咲きそう!

デルバールのバラは家に5種ある。ERも5種、ロサオリエンティスも5種。デルバールとERはこの地方の気候に合っているように感じるが、ロサオリが中々難しい。ここ1、2年の新品種だとまた違うのかも。

ギヨー(ドミニクマサド氏のバラ)と、アップルローゼスさんのバラを増やしたいな。増やせないけどね!

 

f:id:rancraw:20210606200358j:image

f:id:rancraw:20210606200801j:image

コルデスのクリスティアーナ。ため息が出るほど美しいバラで、つるバラなのだけど初期成長が遅いのでうちでは小さめに育てている。良く伸びるフラゴナールオベリスク仕立てのジュードに挟まれて、少し窮屈そうだから…シャリファの隣に持って行こうかなあ。乙女系な一角になりそう🌹

 

f:id:rancraw:20210606210222j:image

f:id:rancraw:20210606205726j:image

強剪定したプシュケが咲いてくれた!

このアプリコットピンクのふわふわ咲きが大好きなんだ。伸びて伸びて、伸びた先にしか咲かないから樹形がえらいことになるんだけども。お花は文句なしにかわいい💕

 

アプリコットピンクといえば……

f:id:rancraw:20210606210541j:image

f:id:rancraw:20210606210502j:image

今日開いたコンフィチュールも、もう大好きな色と形でニコニコしちゃった。どうも、オレンジを感じるピンクやアプリコットや赤や黄色が好きみたいだ。

コンフィチュールは樹勢もなかなか良いので今後が楽しみです。

-----------------

もう、毎日たくさん咲いてくれるので、写真のupが全然追いつかない。来年の参考にしたいから今年はがんばるつもりなんだけど…!

 

シャトードゥシュベルニーはもうすぐ。蕾の数がすごい!

f:id:rancraw:20210606211901j:image

 

初めに咲き始めたシャリファアスマは、これが最後の蕾。もう一株あるから寂しくない🧚‍♀️

f:id:rancraw:20210606212058j:image

 

f:id:rancraw:20210606212206j:image

f:id:rancraw:20210606212333j:image

ニューウェーブ大好きすぎる。カットして室内に入れると、グレージュの色味になってすごいきれい。こんな色の服が欲しい。

 

f:id:rancraw:20210606212500j:image

昨年より香りが一際立っているジュードジオブスキュア。誤って枝を一本折ってしまって自己嫌悪。

 

f:id:rancraw:20210606212611j:image
f:id:rancraw:20210606212615j:image
f:id:rancraw:20210606212608j:image

咲いてくれるだけでいいのよ、と思い出したソニアリキエル。バラは決して人のために咲くのではない。

 

そろそろ遅咲き組が開花する時期です。あ、フラゴナールはまだですが。

花瓶を買い足さないと、もうないぞ!という嬉しくも切実な悲鳴をあげながら、寝ます。ヤッツィー!!!

荒天一過

f:id:rancraw:20210605133957j:image

心配だらけの一夜が明けました。ここはわりかし高い建物なので風の音が本当にすごくて、気が気じゃなかったよ。やれやれ。

今日は初夏の晴天、26℃/15℃の過ごしやすい日。

f:id:rancraw:20210605180311j:image

青空が似合うよ!レディエマハミルトン🌹株姿がこんもりしていてとても綺麗なの。

朝に2時間くらいかけて見回ったけれど、ベランダのバラたちは折れたりしていないようだった。去年はヴィウーローズのシュートが犠牲になったなと思い出す。エマはなんもなかったですよの顔をしてますね。心配をしたのですよ……。

 

f:id:rancraw:20210605180745j:image

f:id:rancraw:20210605134849j:image

ニューウェーブもエマと同じくあの雨風にもあまりダメージを受けていない。花弁が強いのか、置いていた場所が良かったのか……良く咲いて、開ききって蕊が見えても美しいバラです。今日はスパイシーな香りが際立っていた。ふふふ。

 

f:id:rancraw:20210605180721j:image
f:id:rancraw:20210605180725j:image

f:id:rancraw:20210605134715j:image

オベリスクから飛び出しているオデュッセイアは、めちゃくちゃ麻紐で縛ったので形が歪んでしまったのもある。でもたくさん咲いてくれていますね。左端のピンクのバラはジュビリーセレブレーションで、びょんびょん跳ねてオデュッセイアに寄り添っている。今年のオデュッセイアのコラボは、デスデモーナよりこちらの方が多いかもしれない。

 

f:id:rancraw:20210605134728j:image

f:id:rancraw:20210605181550j:image

愛しのジュビリーセレブレーションはもうオベリスクから飛び出して、ほんとに伸びすぎ!いいんだけど……伸びた先で俯くものだから視線の高さではうなじしか見えない。その風情も美しいけどね、と思いながら出来るだけ高い位置で枝を括った。レモンティーのいい香りは今年も健在。ただ、弱った枝を春から2本カットしている。

 

f:id:rancraw:20210605134750j:image

1番被害を被ったのはソニアかな?もったいない、と残した花がかなり傷ついちゃって、去年みたいに綺麗には咲けない様。

 

f:id:rancraw:20210605181841j:image

ただ、高すぎて風の対応ができなかったところも折れていなかったのは嬉しかった。うん…でもこれ、絶対見えないところで咲くよね……俯いてほしいんだけど……。

f:id:rancraw:20210605182101j:image

f:id:rancraw:20210605182115j:image

まあいいか、綺麗だから。咲き始めのオレンジ味もあるコーラルピンクから、ピュアなストロベリーピンクへ。褪色すると紫が若干入ってライラックピンクになる。この花色はよくあるようで、でもソニアの代わりは何もない、と思う。

 

たくさん咲いてくれたパウルクレーが終わりかけだったり(ベーサルシュート発生中🌱🌱)、

f:id:rancraw:20210605190649j:image

ジュードジオブスキュアが満を持して咲きそろいそうだったり🙌🏻

f:id:rancraw:20210605190820j:image

アカデミアがつぼみの時点で香ってくれたりしている、今のベランダ(何より甘いフルーツの香り!)。

f:id:rancraw:20210605193723j:image

 

よし、夜は怖い話を聞いたり見たりするぞ!!

日常に潜む恐怖体験(フィクション)が、多分バラより好きです。へへへ。

 

 

一天荒天

午前4時、風の音で目が覚めた。夜明けすぐに警報が発令されるほどの荒天である。

 

f:id:rancraw:20210604122902j:image

昨日開花宣言したジュビリーセレブレーション。たくさんのつぼみが風に煽られて、ソニアリキエルと同じくらい心配。

2度寝3度寝して、ベランダのバラが心配すぎて様子を見に行ったら、ラティスを置いてある場所が建物の外壁ごと崩れて鉄骨などがむき出しになっており、置いてあったラパリジェンヌの鉢が真っ二つになっている夢を見た。さすがに夢の中で夢と気づき(生まれて初めての経験かもしれない)、起きろ起きろと念じて目が覚めた。朝からめちゃくちゃ疲れるやん……。

 

f:id:rancraw:20210604123303j:image

朝支度をしている間に何度かベランダを覗いたが、前夜2時間かけて麻紐でくくりつけておいたおかげか、目に見える被害はなかったからとりあえず一安心。ただ、昨日は咲いていなかったレディエマハミルトンが咲きながらぺったりと地についていたので救出した。可哀想に🥲

エマには本当は青空がよく似合うんだ。

 

f:id:rancraw:20210604124046j:image

前日にカットしたソニアリキエルとキルケを風呂場に持ち込んだら先客がいましたね。

1番風に煽られるだろうソニアリキエルはかなりカットした。まだ咲いていない天井近くの枝はそのままで、今年の目標であるソニアが降るように咲く景色は、もしかしたらお預けかもしれない…。

 

f:id:rancraw:20210604164749j:image
f:id:rancraw:20210604164809j:image

f:id:rancraw:20210604125108j:image

一輪だけ咲いたジュード、ヴィウーローズもカットしたし、たくさん咲いてくれていたパウルクレー(中央のオレンジのカップ咲きのバラ)も蕾だけ残してあとは活けた。キルケ(左の白の中輪)は房ごとばっさり。

まだ満開とはいえないベランダ栽培ですら大雨暴風でこれだけカットするんだから、お庭の人はさぞかし大変だろうな……。

 

 

夕方になっても雨は降り続いている。夜まで警報も続くような雰囲気だ。何事もないことを、心から願う。

 

 

オクリモノ

f:id:rancraw:20210601170607j:image

今日は六月朔日(苗字だと、うりはり、くさか、などと読むんだって)。持病がばくはつしている。ちょっと調子が良い日が続いたから、このままいけると思ったのにな🥲

そんな日でも我が家のバラたちは良く良く咲いてくれて、昨日今日とお隣さんや近所のサロンにカットしたのをもらって頂いた。何かの慰めになるといいな、とほんの少し思う。もちろん、そうでなくても全然かまわない。

写真はソニアリキエルクレマチスの静香。気に入っている色の組み合わせ🌹

 

f:id:rancraw:20210601172306j:image

f:id:rancraw:20210601172559j:image

今年はデスデモーナとオデュッセイアのコラボが難しいかもしれないな。位置がね……この冬の剪定で、デスデモーナはかなり思い切ってカットするつもりだから、今年なんとかいい感じに咲いてほしいと思うばかり。

 

f:id:rancraw:20210601172543j:image

f:id:rancraw:20210601172754j:image

オデュッセイアはうどん粉が激しく出ちゃって可哀想なんだけれど、甘いフルーツのいい匂いがして(バルニのアカデミアのそれに似ている)、小さめで趣のある花が房で咲く様子がとてもきれいなバラ。

 

f:id:rancraw:20210601173621j:image

シャリファアスマも綺麗な形と色で咲いてくれた。1989年に作出されてから32年経っても人気なのも頷ける。あたりに漂うくらいのフルーツの香りがもしなくても、この花姿はぱあっと光の差すようで、一際目を引くから。

 

f:id:rancraw:20210601174218j:image
f:id:rancraw:20210601180050j:image

オールドローズみたいにくしゃっと咲いたりもする。可愛いなあ。

 

f:id:rancraw:20210601174339j:image

f:id:rancraw:20210601181522j:image

デスデモーナは最初の開花が終わりかけ。

 

f:id:rancraw:20210601174858j:image
f:id:rancraw:20210601174854j:image

春のキルケは白っぽく咲くのね🌹まだ蕾があるので楽しみ(*´꒳`*)

 

f:id:rancraw:20210601175045j:image
f:id:rancraw:20210601174947j:image

明日明後日あたりに咲きそうなのはブルーパフュームとヴィウーローズ。ブルーパフュームはこの時点ですごーくいい香り!ヴィウーは顔を近づけられない位置で悔しい……。

 

クリスティアーナ、

f:id:rancraw:20210601175336j:image

アカデミア、
f:id:rancraw:20210601175339j:image

ジュードジオブスキュアも萼が下りたのできっともうすぐ!

f:id:rancraw:20210601175729j:image

ジュードさん…蕾なのに去年より香っていてびっくりした……。

 


f:id:rancraw:20210601180248j:image

f:id:rancraw:20210601180243j:image

まだまだ満開には遠いベランダです。今からドキドキしちゃう。

ずっとバラの季節ならいいのに。

 

 

 

 

 

ベランダの様子・晴れた5月最後の週末

f:id:rancraw:20210530135351j:image

青空と海を背景にオレンジ色が映える。我が家ではこれはレディエマハミルトンの特権だったのだが、今年からはパウルクレーも仲間入り。去年の新苗だったパウルクレーは、手頃な大きさに育ち、元気な蕾をたくさん上げてくれている。花の大きさが思ったより小さいな、と去年は思ったものだが、一番花は花径約8cm。やったぜ大好きな大きさです!

 

f:id:rancraw:20210530140252j:image

カップ咲きからロゼット咲きへ。

 

f:id:rancraw:20210530140347j:image

あまり伸びないのでベランダにちょうどいい。

アカデミアとフラゴナールはね、一番花が咲いていないこの時点でまず160cmあるからね。

 

f:id:rancraw:20210530140558j:image

初開花の花をほどいたらすごく良い香りだったので、カップに入れてくんくんしていた。外で咲いていた時はフレッシュなグレープフルーツの香りだったのが、時間が経ってぶどうみたいな匂いになった。最高……強香レベル3って感じ(販売店さんで強香表記になっているバラの、超個人的な細分化。レベル5まである。後述するシャリファアスマがレベル5、キルケが1)。

 

f:id:rancraw:20210530141349j:image

パウルクレー、大苗サイズになって、さらにとっても頼もしくなったばらちゃんです🌹

 

f:id:rancraw:20210530141500j:image

f:id:rancraw:20210530141653j:image

デスデモーナは毎日新しい花が咲く。少しずつカットしてリビングに置いている。今はパウルクレーもキルケも咲いているので一緒に活けられて良い。去年のこの頃はデスデモーナしか咲いていなかったから。

 

 

f:id:rancraw:20210530164249j:image

愛すべきこのニューウェーブは、天津乙女、マダムヴィオレや茶々をはじめ、いくつもの銘花を作出された寺西菊雄さんのバラ。

一度病気で手放したものを買い直した。またうちで咲いてくれるのが本当に嬉しい。本当に!

 

f:id:rancraw:20210530164752j:image

少しベージュやグレーがかる、うすむらさきの花。

ブルー香だというその香りが大好き。最初に澄んだ花の香り、だんだん甘く、最後はコショウみたいなスパイシーさが残る。ブルー香の代表種にも例えられるブルーパフュームも所持しているが、ブルーパフュームは私にはダマスクに感じるから奥が深い。

 

f:id:rancraw:20210530165726j:image

房でたくさん咲いてくれる。1番の蕾は摘蕾したから大丈夫かなあ…夏場の開ききった姿も可愛いのだけど、初年度だし今年は咲かせないようにしよう。

 

 

そして、実は今日ソニアリキエルオデュッセイアを水切れさせてしまったのでした。

f:id:rancraw:20210530165859j:image

f:id:rancraw:20210530170033j:image

ただでさえ花弁のやわらかいソニア、ふにゃふにゃになっちゃってほんとに申し訳なかった。2時間ほどでお辞儀したつぼみも元に戻ったけど、1週間くらいして落葉するかもしれない。

ソニアとオデュッセイアと、ジュビリーセレブレーションとジュードジオブスキュアは水切れしやすい。気をつけないとな🥲🥲

 

 

今のところベランダでは、パウルクレー、デスデモーナ、ニューウェーブソニアリキエルオデュッセイア、キルケ、コンフィチュールが開花してくれている。

f:id:rancraw:20210530170852j:image

シャリファアスマがもうすぐかな?

手前のデスデモーナをカットしている間中いい匂いが漂っていて、「お隣のお洗濯物かな?」と思ったのだけど、こんな蕾のシャリファが香るのだった。

 

f:id:rancraw:20210530171217j:image

去年は正直、パウダーみたいな石鹸みたいな、嫌味な感じはしないけど…という香りが少しあるだけだったので、評判通りの強い(レベル5!)のフルーツ香を感じることができて幸せです☺️

 

明日からも、思う存分バラを楽しみながらがんばりましょう🌹💕

 

芒種前

駅の待合室で、瞬きの合間に消えてしまう蜘蛛の糸を見た。晴れて光る細い輝きが角度によって曖昧になるのも、雨の日の中空に浮かぶ雫の群れるのも、どちらも好きな光景だ。

23℃/14℃の晴れの日。

 

f:id:rancraw:20210528125813j:image

デスデモーナは今年も素晴らしい風景を作ってくれそう。

オデュッセイアと一緒に咲くのが好きすぎるのだけど、今年はちょっとデスデモーナのつぼみが少ないようで、オデュッセイアが間に合うか心配です。

 

f:id:rancraw:20210528165124j:image

去年はかなり下の方の枝を残したのかもしれない。今年は全体的に高いな……。

 

 

去年の写真↓

f:id:rancraw:20210528163443j:image

これを見ると、去年のオデュッセイアの樹高の低さに驚きますね。今はもうオベリスクの頂点も見えない……3年目だから樹勢が強くなってきてくれたのかも、と思うと嬉しい。

長めに残したデスデモーナの枝と交差しているところもあるから、上手く開花時期が合うといいな。ぶつぶつ。

 

f:id:rancraw:20210528163910j:image

f:id:rancraw:20210528163657j:image

昨日と今日のオデュッセイア。これくらいの咲き加減も凛としてすてきよね。

 

 

f:id:rancraw:20210528164000j:image

ギヨーのソニアリキエルがもうすぐ咲きそう!

アーチもどきにして高さを出したら、当たり前だけど上の方ばかりに蕾がついている。

 

f:id:rancraw:20210528164339j:image

ソニアの房咲きが大好物な私は「絶対に俯いて雨の降るように咲いてくれよ」と毎日念じています。

 

 

f:id:rancraw:20210528164456j:image

昨日開花してくれたのは、初のローズドゥメルスリーさんのバラ、コンフィチュール。

これくらい開いてきてくれたのをそそっとカットして、側蕾の開花と、ベーサルシュートのために備えた。ベーサルちゃん、もう2本も出てきてくれて、今日2本目のソフトピンチをする予定🤞🤞

 

f:id:rancraw:20210528234005j:image

濡れるようなピンク色の花は、つんと一瞬ダマスクが香って、あとは飴玉みたいな甘いフルーツ香になります(*´艸`)いい匂い!!

 

f:id:rancraw:20210528165500j:image

春に咲かせるのは初めて、なパウルクレーも昨日開花。

花径はパウルクレーのほうが大きいけれど、これくらいの咲き加減の時はコンフィチュールとよく似ています。姉妹みたいだね。

 

f:id:rancraw:20210528165831j:image

f:id:rancraw:20210528165859j:image

f:id:rancraw:20210528234220j:image

パウルクレー、今年はベランダがうどん粉で結構やばいのに、全然びくともしなくてすごい(あ、ヴィウーローズとクロードモネも平気)。

柑橘の良い香りのバラ(*´◡`*)

 

f:id:rancraw:20210528170330j:image

我が家のお姫さま・シャリファアスマがもうすぐ咲きそうな5月後半の今日のベランダ。

 

週末は雨ではなさそうでとてもとても嬉しい😊

一日中バラを見てやるぞ!!!

 

 

 

 

 

2021開花始まりました デスデモーナとキルケ✨

f:id:rancraw:20210525072624j:image

 

5/25、晴れ一時雨の予報、25℃/14℃。我が家でもバラの開花が始まりました。

トップバッターは去年も5/25に開花してくれた、早咲きERのデスデモーナ。

f:id:rancraw:20210525082408j:image

f:id:rancraw:20210525082317j:image

会いたかったー!!!

ERらしい、透ける花弁をもつデスデモーナは、朝日の本当に似合うバラです。

 

 

一昨日の様子。

f:id:rancraw:20210525074548j:image

f:id:rancraw:20210525074634j:image

この時点で、周りに漂うくらいの香りがあった。去年より香りの拡散力が強い気がする。爽やかなトップと、甘い花の香り。

開くまではベビーピンクで、開くとアイボリー、開き切ると白くなる、変化の楽しいバラ。

 

f:id:rancraw:20210525073410j:image

同じく今日開花したキルケ!

去年の開花は6/5…ということは、2週間弱早まったんだね。3月後半あったかかったからネ(デスデモーナは変わらない)!

 

ちなみに昨年の春のキルケ↓

f:id:rancraw:20210525073810j:image

ピンク〜紫色をした花のはずだが、こんな感じに白っぽく咲いていた。気温が高く日照が少ない条件で白くなるよう。

今年は4月はすごく肌寒かったし、5月もそんな暑いわけでもないから、開ききって本来の色になるかしら…とわくわくしている。どんな花色でも綺麗だけどね(*´꒳`*)

 

f:id:rancraw:20210525074337j:image

レモンの香りがします🍋✨

 

 

他のバラも着々と蕾がほぐれてきている。

f:id:rancraw:20210525084528j:image

1番に咲くかな?と思っていた、今年春の大苗ローズドゥメルスリーのコンフィチュールは、花弁数のとても多い花だからか、ゆっくりめのスタート🌹

 

f:id:rancraw:20210525084613j:image

オデュッセイア。房咲きが多そう!デスデモーナとのコラボを今年も期待している。

 

f:id:rancraw:20210525084632j:image

パウルクレー。去年はまだ新苗だったのに、元気いっぱい。

 

f:id:rancraw:20210525084655j:image

買い直したニューウェーブはソフトピンチしたところからつぼみが伸びてきてくれて、本当に嬉しい。細い枝にも関わらず、たくさん房咲きしてくれるバラだったよね。覚えてるよ。

 

f:id:rancraw:20210525084728j:image

ソニアリキエルは見上げる位置にも結構つぼみがある。俯くかな…憧れのバラがふりそそぐアーチのようになってくれ…!!

 

f:id:rancraw:20210525122425j:image

地植え組のフリュイはそこそこの房咲きをしてくれそうで、

 

f:id:rancraw:20210525122512j:image

同じく地植え組のダフネは、鉢植えの時の方がつぼみの数が多かった。慣れるまでは仕方がないよね!

 

f:id:rancraw:20210525123327j:image

イタリアのバラ、香りが1番好きなアカデミアはもう樹高が130cmくらいある。去年、最終的には190cmを越したので、今年は深めに花後剪定したい…(でも花が早く見たい!!)。

 

f:id:rancraw:20210525123415j:image

遅咲きと言われるレディエマハミルトンはこんな感じ。うちで1番の古株さん(3年目だけど…)だから、つぼみは結構多い、と思う。

 

f:id:rancraw:20210525123602j:image 

シャトードゥシュベルニー。つぼみがたくさん!

全体的に遅咲きと言われるデルバールのバラは、このシャトードゥシュベルニーと、クロードモネ、ラパリジェンヌ、ヴィウーローズは同じ時期に咲きそう。フラゴナールはその1週間後くらいかな……。

 

f:id:rancraw:20210525124302j:image

オベリスクのジュードジオブスキュア。同じくオベリスクに巻いて、隣にずっといたエヴリンがいなくて寂しそう(限界幻覚)。

 

f:id:rancraw:20210525124423j:image

ジュビリーセレブレーション。こちらもオベリスクに巻いている。

迎えてから2年半、今年の春はびっくりするぐらい成長してくれて、通路の危機になっている。花後剪定をちゃんとしないとベランダが侵食されそう。ジュビリー、コンパクトなイメージがあったんだけど、嬉しい悲鳴だ。

 

 

f:id:rancraw:20210525125126j:image

あとは、クレマチス・水面の妖精も今から咲くところ。開花時期がぴったりで本当に嬉しい。

ソニアの株元にあるから、下から撮ればコラボが見られるかなあ(*´-`)

 

 

南の開花からおよそ1ヶ月遅れて、春(初夏)の絢爛の始まりだ!